2010年12月17日

mixi、社会ネットワークの「6次の隔たり」実証データ

30代男性日記ランキング参加中です。応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村 その他日記ブログ その他30代男性日記へ
にほんブログ村

おもしろい記事見つけたんで載せておきます。
以下原文

mixiユーザーのネットワークで、友人のネットワークを6ホップ辿れば誰とでも繋がるという「6次の隔たり」を実証したという記事。

距離が6で全体の95.7%、距離が7では98.2%のユーザをカバーできており、ほとんどのユーザに6、7人経由する以内で到達できていることが分かります。また平均距離は5.1になりました。まだ平均クラスタ係数は求めていませんが、筆者のIDで試した限りではスモールワールド性が成り立ちそうな期待が持てます。

と、興味深いデータが出ています。

インターネットマガジン2006年1月号では、こんな調査が。

[FOCUS] 科学で読み解くmixiのネットワーク構造 インターネットマガジン バックナンバーアーカイブ|PDFプレビュー|All-in-One INTERNET magazine 2.0

●フリースケールとサイズスキップ
mixiデータではマイミクを6つだとれば、ユーザー全体の96%に到達できる。これは非常に「小さい世界」だといえる。かなり凝縮されたネットワークなのだ。p.66)

と、こちらでもほぼ同様の結果となっている。このインターネットマガジンの調査は2005年2月時点のデータだそうで363,819ユーザーが対象。今回の調査は2008年1月時点の約1,300万ユーザーが対象とのこと。スケールが上がってもスモールワールド性は維持される、ということが言える。

ここまで
posted by 浩太郎 at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。