2010年09月29日

ツイッターでちょっと気になったつぶやき

最近BOTとかのコメントも見るようになりました、以前は読む気ゼロだったんですが、

で、たぶんアフィリエイトやってる人のBOTだと思うんですがこんなことつぶやいてました。
フォロワー増やしたり、何かメッセージ発信するにはいいかもしれないんで載せときます。


10000000000yen フォロワー増は顔アイコンでも、人生訓でも、まめな返信でもなく、単純に「フォローをする」でした、ボクの場合。まちツイを見ても無名で普通の肩書きの人がフォロワー伸ばしている方はフォロー数とフォロワー数のギャップが激しく、セミナー主催系の方も基本的には見受けられますね。



traditionally ツイッターで一番、アクセスが多いのが、お昼12時から13時でした。後は、朝8時から9時、夜は7時から10時ですね。つぶやき在宅ワークで稼ぐには、アクセスが多い時につぶやくことですね。


この二つ、

で、思ったのが、まず適当にフォローしまくってフォロワー増やして、発信したい情報は朝、昼、夜につぶやきまくればそれなりの人数には認知してもらえんじゃん!
まぁ、なにかあればですけどね(笑)

ちなみに今日はツイッターではつぶやいてません。眺めてただけです!なのでネタなし

以上
posted by 浩太郎 at 14:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何でおれの携帯の番号知ってんだ?

さっきいきなり知らない番号からプライベート用の携帯(アイフォン)に電話が・・・・

以下話の内容

僕:はい、永野です
相手:ご融資の件でお電話したんですが

(なんでこいつおれの番号知ってんだよ、家族と一部の友人にしか教えてねえんだぞ)

僕:は?三井住友銀行の方ですか?(事業用資金の一部借りてるもんで・・・)
相手:いえ、●●金融です。

怪しさしか感じなかった!

僕:なんなんですか?どこで僕の番号調べたんですか?これプライベート用の電話なんで家族と一部の友人しか知らないはずなんですが、なぜあなたが知ってるんですか?

相手:その口調だと何件か電話受けてらっしゃいます?結論から言わせていただくと永野さんの番号私たちの業界に漏れてますよ、リストに載ってます。

僕:は?結構です!(半分きれてました、でも職場だったんで大声もだせず)
相手:そうしましたら、またほとぼりさめたあたりでまた電話してもいいですか?

僕:何いってるんですか?いらないものはいらないです。かけてこないでください。迷惑です。
相手:分かりました。

ここで電話切りました。

まぁなんで個人情報ばれてんだ、しかも今年の5月に買った携帯の番号なのに、まぁ家族はないにしても、友人の誰かが番号うったんかな?
正直疑いたくはないですが、それ以外ありえないんですけど・・・・・・

最近、金に困ってるやつ2、3人いたからな。
疑いだしたらきりがないので、普通に警察にさっき相談しにいったら。そうゆうのは断り続けるしかないよとのことでした。
仕方ないんで、ショップに明日でも行って指定着信許可みたいのありそうだからそれにしてもらおうと思います。

こんな経験ある方、もしこのブログ見てたらアドバイスください。

以上
posted by 浩太郎 at 14:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さっききたメルマガ

コンビニ経営に少しでも役にたてばと思って購読してるメルマガがさっき来たんで載せときます。
本当はそのまんま載せるのはまずいみたいなことかいてあったけど(汗
まぁ、気にしない
今まで読んできたのはあんま役にたたないっていうか、そこまで内容あるなって思わなかったんだけど今回はまぁまぁだったんで載せます。
まぁぶっちゃけていうと、コンビニってみんなが思ってるほど儲かりません。
だけど、最低保障やら家賃補助とか考えるとまぁ悪くはありませんな。
ただし、それなりの収入がほしいなら相当無理しないとだめだって言う!
以下メルマガ本文↓

第10回

 今回のテーマ!
       
24時間営業ってどうよ?


某チェーンのトップが24時間営業は社会悪であると発言し、
物議を醸し出しましたが24時間営業は本当に必要なのでしょうか?

確かに、24時間営業はコンビニ経営を検討される方の
大きな不安の種です。


「23時までの店なら考えるけど、24時間営業はなぁ・・・。」

「家族がバラバラになるじゃないか!!」

「夜はお客もそんなに来ないし、人件費も高い。無駄じゃないの?」


そんな質問や不安が聞こえてきます。

はっきり答えておきます。

24時間営業をした方が儲かります。そして、休みも取れます。

大切な事なので、もう一度書きます。

24時間営業をした方が儲かります。そして、休みも取れます。


その理由をコレから説明します。

23時に店を閉めます。

後片付けをして、レジの清算を行って、
軽く1〜2時間はかかります。

次の日、7時にお店を開けます。

おにぎり、弁当・雑誌の配送があり、
商品の陳列もしないと いけませんから、
朝6時には遅くともお店に行かなければなりません。

多く見積もっても睡眠時5間は一日5時間。 

365日戦えますか?

しかも、毎日シャッターの開け閉めしないといけませんから、
家族旅行なんてとんでもないっ!!

24時間営業なら、後片付けも必要なし。
朝出勤すると、夜の従業員が商品の陳列まで完了
してきて準備も必要ありません。

出勤するなり、臨戦体制に入っているのです。
しかも、経営者しかできない仕事は
何ひとつありませんから、家族で旅行も可能です。

「でも、人件費が高いし、売上げは低い!
無駄じゃないか!!何で儲かるんだ!!」

コンビニの一番忙しい時間帯をご存知ですか?

「そりゃ、朝のピークだろぉ」 

 「いえいえ、お昼御飯の時間帯だよ」

確かにこの2つは1時間で来店される客数は
24時間の中でも飛びぬけています。

しかし、実はコンビニの売上げの50〜60%は
夕方以降に来られるお客様で 成り立っているのです。

しかも、売上げのピーク時間は21〜23時。

売れるモノといえば、お弁当・お惣菜・おにぎり。

それに関連して、お酒・ジュース雑誌。

つまり、お弁当やお惣菜が引き金となって、
お店は夜の売上が上がるいう事です。

しかし、お弁当やお惣菜には販売期限があります。

売れ残りはお店の経費です。

23時に閉めるお店であれば、
あなたはその時間帯に売りれきる様に商品を
仕入れませんか?

つまり、一番お客様がこられる時間帯にお店に
商品が無いという状態が起こるのです。

5分歩けば、他のコンビニがある時代。

誰が商品の無いお店でわざわざ買い物
するでしょう。

つまり、24時間営業をする事で、
22時であっても商品の品揃えができる
メリットを享受できるのです。

コンビニの経営者はいうならば、
警察署長や消防署長と同じと考えればどうでしょう。

何か問題があれば、当然責任者として
陣頭指揮には立ちますが、あの人達は
24時間働いているのでしょうか? 

そんな事はありませんよね。

要は、任せられる人材を育てていく事が成功の秘訣なのです。

今回のまとめ
「過酷な労働条件も見方を変えればメリット」
posted by 浩太郎 at 14:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。